広告ギャラリー Gallery

「便秘に日本人の知恵」シリーズ

生薬の便秘治療薬・複方毒掃丸の特長を、「日本人の知恵」をキーワードとしてご紹介していくシリーズです。

交通広告お通じの知恵 2013年版
強そうな名前ですが、おだやかな便秘薬です。

お通じの知恵 強そうな名前ですが
(2013年9月~ 掲載)

「毒掃丸」。強そうな名前ですが、おだやかな便秘薬です。強い便秘薬ではお腹が痛くなってしまう。だからお腹の痛みを和らげる生薬など、6つの生薬を配合して自然に近いお通じを促したり、小粒にして飲む量を調節できるようにしたり。毒掃丸には、体の負担を少なく便秘を解消する知恵がつまっています。しかも女性にはうれしい便秘による肌あれを改善する生薬も。効き目おだやかに、でもしっかり。不快な便秘を改善します。


お通じの知恵(1) 選ばれた6つの生薬

お通じの知恵(1) 選ばれた6つの生薬
(2012年7月~8月掲載)

今日もお通じが出ない。けれど、出掛けるから、お腹が痛くなる便秘薬は飲めない。そんなお通じの悩みを抱える皆さん、「毒掃丸(どくそうがん)」をご存知ですか?「毒掃丸」は排便時のお腹の痛みを和らげげる生薬「カンゾウ」500mg*が配合された和漢の便秘薬。他にも胃腸の働きを良くする生薬、肌あれを改善する生薬など、6つの生薬の作用がひとつになって自然に近いお通じを促します。これは江戸時代富山と並び売薬のルーツとなった近江伝来の処方を参考にしたと言われ、明治時代から改良を重ね選んできた「毒掃丸」独自の処方。体の負担を少なく便秘を解消するための日本人の知恵がつまっています。あなたの便秘に“日本人の知恵”を使ってみませんか。*1日量90丸中


お通じの知恵(2) 小粒で効き目を調節

お通じの知恵(2) 小粒で効き目を調節
(2012年9月~10月掲載)

最近またお通じが不規則。治ったかなと思ったらまた便秘。そんなお通じの悩みを抱える皆さん、和漢の便秘薬「毒掃丸(どくそうがん)」をご存知ですか?「毒掃丸」は、ひとりひとりの症状に合せて、その日その日の症状に合せて、飲む量を調節できるように小粒タイプとなっています。便秘薬は、効き目の強いものを摂りすぎるとお腹が痛くなったり、腸が刺激に慣れてだんだん薬の効きが鈍くなったりしてしまいます。「毒掃丸」は、幅広く調節が可能なので、三歳のお子様からお年寄りまで、家族みんなで症状に合せた最適量をみつけてお使いいただけます*。それは、発売当初からずっと変わらない「毒掃丸」の特長。「毒掃丸」は、これからも日本人の快適なお通じを応援します。あなたのご家族の便秘に“日本人の知恵”使ってみませんか。*ただし、一日90丸まで。


お通じの知恵(3) 虎に込められた願い

お通じの知恵(3) 虎に込められた願い
(2012年11月~12月掲載)

今日もお腹がはっている。便秘のせいかお肌の調子もよくない。そんなお通じの悩みを抱える皆さん、日本伝来の和漢の便秘薬、「毒掃丸(どくそうがん)」をご存じですか?6種類の生薬からなる「毒掃丸」には、自然に近いお通じを促す成分*だけではなくお腹のはりを改善するコウボクや吹出物を抑えるサンキライなど、便秘に伴う諸症状に効く生薬が配合されています。この処方の背景にあるのは、パッケージに描かれた「虎」に込められた願い。明治の創業以来、この「虎」のマークには『猛虎一聲掃萬毒(もうこいっせいそうばんどく)』といって、「虎の一声が体中の毒を追い払うように」という、健康な生活への強い願いが込められています**。便秘に伴う諸症状も改善する“日本人の知恵”を、あなたも使ってみませんか。
*ダイオウ、エイジツ
**複方毒掃丸は、便秘薬であり、いわゆる「デトックス」を効能とするお薬ではありません。


ラッピングバス2015年2月~
西鉄バス(福岡県福岡市)ラッピングバス 運行中

ラッピングバス「便秘に毒掃丸」