沿革

年号 あらまし
1888年
明治21年
山崎嘉太郎が東京市神田区神田花房町(現在の外神田)に山崎帝國堂薬房を開く
1895年
明治28年
ばい毒病撲滅時期来る と「腹内毒掃丸」 発売
1922年
大正11年
株式会社 山崎帝國堂を設立
1954年
昭和29年 5月
「複方毒掃丸」 胎毒、瘡毒、痔疾、便秘、にきび、ふきでものなどの効能で発売
1972年
昭和47年 7月
複方毒掃丸を錠剤に改良し、便秘薬に特化した「ドクソウガンG」 発売
1977年
昭和52年 9月
森田薬品工業株式会社と販売提携を結び、殺鼠剤 「ラットライス」 シリーズ 発売
1980年
昭和55年 3月
胎毒などの効能の万能薬から、便秘薬の「複方毒掃丸」に生まれ変わる
1984年
昭和59年 3月
現処方の便秘薬 「複方毒掃丸」 発売
1984年
昭和59年 4月
複方毒掃丸と成分が同じ「ドクソウガンG」 発売
1989年
平成元年 8月
ビサコジル製剤・腸溶性糖衣錠 「ドクソウガン ミニ」 発売
1992年
平成 4年 4月
クロトリマゾール配合の水虫薬 「ヒフ チャージ」液・クリーム 発売
1993年
平成 5年 3月
外神田から、本社を日本橋、工場を千葉県柏市に移転
1995年
平成 7年 2月
ドクソウガンGの処方・設計を改良した「新ドクソウガンG」 発売
1997年
平成 9年12月
ビサコジル製剤・腸溶性糖衣錠 「ベルリーナ」 発売
1999年
平成11年 2月
ビホナゾール配合の水虫薬 「ビホナ エース」液・クリーム 発売
2002年
平成14年 2月
センノシドを主成分とした「ドクソウガン E 便秘薬」 発売
2004年
平成16年 2月
ビホナ エースの処方を改良した 「新ビホナ エース」 液・クリーム 発売
2004年
平成16年 9月
立川製薬株式会社(旧 立川ペニシリン株式会社)、他3社を合併
テトラ・コーチゾン軟膏」と「タチカワ電解カルシウム」が商品群に加わる
2006年
平成18年 5月
ビタエックス薬品工業株式会社と委受託製造提携を結ぶ
2007年
平成19年 4月
複方毒掃丸」 お徳用 5400丸 発売
2009年
平成21年 4月
「ベルリーナ」  200錠 発売
2009年
平成21年 7月
クマザサ抽出液 「サンクロン」 発売
2009年
平成21年 9月
複方毒掃丸」 お試しサイズの分包 180丸 発売
2009年
平成21年 9月
テルビナフィン塩酸塩 配合の水虫薬 「フットラック」 液・クリーム発売
2010年
平成22年 1月
ドクソウガン E 便秘薬」 30錠 発売
2012年
平成24年 9月
本社を日本橋室町に移転
2014年
平成26年 6月
ドクソウガン S」 108錠 発売